ネットにも、お店でも買えないナノインパクトグランクリュという謎の育毛剤。 しかも値段が超高い!本当に見合う効果があるの?と疑問が。 さらに、どこで購入できるの?なんでそんなに高いの?など調べれば調べるほど色々疑問が出てきたので、実際にナノインパクトグランクリュを購入してみて、値段通り育毛効果が期待できるのかについて試してみました。

それは、突然やってきた。

ナノインパクト100を3ヶ月利用していたある日、このような冊子がいつものナノインパクト100内に入っていました。

画像では分かりにくいですかね。高級感が漂った濃紺の封筒には「 grand Cru ~特別な貴方さまへ、特別なご案内です~」という文字が。早速あけてみると、インビテーションという文字があり「育毛イベントへの招待状??」と”?”が連発でしたが、中身を見て納得。新商品の案内ということですね。ただ、ナノインパクトが新しくなったのは2016年4月でこの新商品招待状が届いたのは2016年6月。もう新商品がでたの?と中身を読み進めてみることにしました。

そもそも、ナノインパクトという育毛剤は、知っている人も少なそうな地味な育毛剤(私の周りのハゲ仲間調べ)ですが、水やアルコールではなく、PLGAカプセルという毛穴の200万分の1ほどの小さいカプセルに育毛成分を配合している他の育毛剤とは作り方が少し違っています。

カプセルに育毛成分を配合することで、毛根まで育毛成分が届く確率が上がるということから、届かなければ意味がないという他の成分推しの育毛剤とは一線を画しているどこか玄人好みな職人気質な育毛剤だな〜というのが私のナノインパクトに対しての評価です。

まあ、私はそんな職人気質なところが気に入って購入したという経緯はあるのですが、実際ナノインパクト100を試してよかったと考えています。というのも以前は半年ほど他の育毛剤(名誉の為名前は伏せますがCから始まる発毛博士がオススメしている育毛剤)を使用して抜け毛も減らずで髪の毛が育った実感ができなかったのですが、ナノインパクト100を試し始めて3ヶ月だたった現在、枕に落ちている髪の毛の量を見る限り、30~40%は抜け毛の量が減りましたし、シャンプーもしっかり泡だつ様になり髪の毛が太くなった様な感じになりました。

Cから始まる以前試していた育毛剤はサプリメント含め日本で最も多い成分配合数の多い育毛剤で、一方のナノインパクト100は43種類の育毛成分をカプセルにぎゅっと凝縮している育毛剤です。成分の中身を見る限りこの2つの育毛剤に大差はなく、あるとすれば浸透力が大きく違う点でした。こうやって考えると、浸透力が上がることで育毛を実感できたのでは?思います。 そんな最大の特徴であるナノインパクトの浸透力ですが、パンフレットを見る限りナノインパクトグランクリュになることでさらに浸透力がUPしたということでした。具体的には、PLGAカプセルがさらに小さくなり配合されているカプセルの量も1ヶ月で150兆個とナノインパクト100の1.5倍になったということです。

販売元であるホソカワミクロンのおすすめしたいポイントはやはり浸透力なのか?と思いながら同梱インビテーションを読み進めてみると、「ミノキシジル誘導体、ついに配合。」というページの注目度が半端ない。はい、このページです。

ミノキシジル誘導体、ついに配合と書かれたインビテーション

内容は配合成分を紹介しているページとは分けて、ナノインパクト最大の特徴である浸透力ページの次に記載されているところから見ると、この成分はナノインパクトグランクリュとしてウリにしていきたいのかなと私は感じました。

その中身は、ピディオキシジル、キャピキシル、プロキャピルという3つの成分。いずれも初めて聞く名前ばかりで、それぞれ少し調べてみるとそれぞれがある程度、育毛業界を騒がせている育毛成分ということがわかりました。

ピディオキシジルは”副作用のないミノキシジル”という触れ込みで育毛業界を(いい意味で)騒がせている様ですし、キャピキシルは薄毛の原因である5αリダクターゼの動きを抑える成分として、プロキャピルも頭皮や血管を柔らかくして血流を良くする効果の期待できる成分として注目されている様です。

3つの成分とも1万円近くする高級育毛剤に配合されていて、3つとも配合している育毛剤は2016年7月段階見かけることがなかったので、そういう情報から考えても、今まで浸透力がけだウリだったナノインパクトとは違い、ナノインパクトグランクリュとしてしっかりこの情報を伝えていきたいのかなと思いました。

ナノインパクトグランクリュ購入の際に感じた懸念点

浸透力が高いナノインパクト100を継続的に使っていて抜けが減り少し髪の毛自体が太くなっている様な気がしたので、「ナノインパクト100より更に浸透力が高くて、育毛成分のパワーが高いなら、もしかしたら薄毛が改善されるかも!」と思い、購入に向けて更にナノインパクトグランクリュの情報を更に集め始めました。

すると、ナノインパクトグランクリュ購入の二の足を踏みたくなる様な5つの懸念点が。。ナノインパクトグランクリュを購入する際に、疑問に思われる方もいらっしゃると思うので、私の見解と共に疑問についてまとめてみました。

ナノインパクトグランクリュは育毛剤業界の中で最も高価な育毛剤

「ナノインパクトグランクリュはどうやって買うんだろうと」とページをめくっていくと、ページをめくる自分の指がピタッと止まりました。こちらのページをごらんください。

ナノインパクトグランクリュ最高グレードのスカルプケア新登場

2ヶ月で27,000円,,, 税込だとナノインパクトグランクリュは29,160円になります。1本あたりで14,580円と育毛剤業界の中でも最高価格の育毛剤であると言えますね(ナノインパクトグランクリュより高い育毛剤があれば教えて欲しい)。ミノキシジル誘導体をPLGAカプセルに入れることが相当難しいんですかね,,,だから値段が高いんですかね...。

高級育毛剤と言われている育毛剤と比べるとこういう感じになりました。

育毛剤名ナノインパクトグランクリュフィンジアボストンスカルプエッセンス Deeper3D
配合成分ピディオキシジル
キャピキシル
プロキャピル
ピディオキシジルピディオキシジル
キャピキシル
キャピキシル
販売価格29,160円
(2ヶ月分)
9,980円
(1ヶ月分)
12,800円
(1ヶ月分)
37,860円
(3ヶ月分)
1ヶ月あたり14,580円9,980円12,800円 12,620円

ナノインパクトグランクリュは1本あたりの値段で比較しても、高級育毛剤と言われているどの育毛剤よりも1本あたりの単価は高く、「これで効果がなかったら…」と思うとぞっとしますね。。ちなみに、1本あたりの価格が最も安いフィンジアと比較すると、なんと約3割も高いと。。 ただ、もう少し細かくナノインパクトグランクリュとDeeper3Dとフィンジアとボストンスカルプエッセンスを比較してみるために、1mlあたりの価格で比較してみました。

育毛剤名ナノインパクトグランクリュフィンジアボストンスカルプエッセンス Deeper3D
1本あたりの配合量60ml50ml60ml 60ml
1mlあたりの単価243円199.6円213.3円 210円

1mlで比較してもナノインパクトグランクリュは高いですw が、容量がフィンジアより少しナノインパクトグランクリュの方が多いので1mlあたりの費用差は1.5割ほどになります。他の高級育毛剤と比較した場合の費用差が1.5割ほどしか変わらないのであれば、効果を期待して私はすこしでも特徴が多い育毛剤をチョイスするべきでは?とも思います。

ナノインパクトグランクリュを購入できる人と購入方法について

ナノインパクトグランクリュのインビテーションすべて

次にナノインパクトグランクリュの購入方法についてです。ネットで色々調べてみようと思ったのですが何ページGoogle先生をめくってもナノインパクトグランクリュの公式サイトは出てこない。更に、同梱物に戻ってよーく見てもサイトのアドレスがない。どうやら電話でしか注文できない様です。

更に、私が「ナノインパクト100で抜け毛の数が減って、髪の毛の1本1本が太くなったよ!」と教えてあげた友人が2016年6月にナノインパクト100を購入したのですが、なんとナノインパクトグランクリュの同梱物が入っていなかったようです。商品到着日は友人が6月6日でわたしが6月9日だったのでそこまで時差もない。。インビテーションに「特別な貴方さまへ」と記載があった通り、数回ナノインパクト100を購入しているユーザーにしかナノインパクトグランクリュは購入できず、情報も一般公開されていない、リピーターにのみ情報公開されている育毛剤の様です。

育毛剤なので、人を介さずに思いのままにポチッと1クリックで購入したいのですが、ナノインパクトグランクリュの場合はそれができなさそう。パンフレットを見る限り、いつでも一人独りの要望に合わせた使用方法を説明してもらえるコンシェルジュサービスがあり、ナノインパクト100リピーターにしか購入できないことを考えると、育毛剤と育毛サロンの間の様な、手厚いサポートをしたいという意図があるのかもしれませんね。

まあ、育毛剤を利用する上で、何回トントンすればいいの?とか、マッサージは何分くらいすればいいの?とか、ふっと疑問に思うことを解決してもらえるとありがたいと思いますが、実際はほとんどの人があんまり利用をしないかもなと率直に思いました。

【2017年3月追記】ついにネットでも買えるようになった!!

寒い日の金曜日。何気なく愛用しているナノインパクトグランクリュのサイトを見ていると衝撃が走りました。なんとなんと、公式サイト上には情報が公開されていなかった、ナノインパクトグランクリュの情報が公開されている! まとめてみると時系列的には、この様な感じになりますね。

2016年6月   ナノインパクトグランクリュのインビテーション到着
2016年7月   (私)電話で購入
2017年2月   ナノインパクトグランクリュサイト公開&通販購入可能に!

これは衝撃ですね。顧客向けに販売していたナノインパクトグランクリュが満を持して一般公開ということでしょうか。友人に説明しても、「そんな育毛剤ない!」とか「虚言癖!」なんて罵られていたので、これでこの育毛剤だよと説明できる様になりますw

ナノインパクトグランクリュのサイトはこちら

ナノインパクトグランクリュは医薬部外品ではないけれども大丈夫?

ネット上でよくみる育毛剤について調べてみると医薬部外品と書いてあることが多いです。医薬部外品ってよくわからないけど「薬になりきれないクスリ」というイメージがあり、試しにwikipediaで調べみると、”日本の薬事法に定められた、医薬品と化粧品の中間的な分類で、人体に対する作用の緩やかなもので機械器具でないものである。"(引用)と記載がありました。なんとなくの私のイメージは当たっていましたw 効果をきちんと伝えることができるものを医薬品とすると、こういう感じになるんですね。

 医薬品        > 医薬部外品       > 化粧品

効果ありといいきれる > 少しは効果ありといえる > 効果については言及できない

育毛剤に落とし込むと、医薬品は髪の毛が生えるといえ、化粧品は髪の毛が生えるということについては断言できないということですね。 では、それぞれのグレード毎に著名な育毛剤をならべてみるとこういう感じになります。

グレード 育毛剤名
医薬品リアップx5プラス
医薬部外品ナノインパクト100、ポリピュア、BUBKA、チャップアップ、M-1ミスト、プランテル、イクオス
化粧品ナノインパクトグランクリュ、フィンジア、Deeper3D、ボストンスカルプエッセンス

こうして並べてみると、ナノインパクトグランクリュやフィンジアなどはすべて化粧品なので効果については言及できないということですね。 では、化粧品だと育毛効果はないのか??という疑問が出てくると思いますが、調べてみるとそうでもなさそうでした。

医薬品や医薬部外品という認定しているのは、厚生労働省らしいですが、このグレード分けは配合成分によってされている様です。医薬品であればミノキシジルという成分、医薬部外品であれば、センブリエキスや酢酸トコフェロール、グリチルリチン酸ジカリウムなどの成分を配合する必要があるということです。

もちろん、これらの成分は国が認めた育毛効果のある成分ということがいえるのですが、これ以外も育毛効果を期待できる成分はあります。 例えば、ミノキシジル誘導体ことピディオキシジルは副作用のないミノキシジルなんて言われていますし、キャピキシルは美容大国韓国では大注目の育毛成分だったりしますし、 そう考えると、医薬部外品だからいい、化粧品だから悪いという判断をするのでなく、配合成分をきちんと見極めて判断する方がいいのではとわたしは思いました。

ナノインパクトグランクリュはこれだけ成分が配合されていて副作用のリスクはないの?

ナノインパクトグランクリュにはピディオキシジルやキャピキシルやプロキャピルなどのミノキシジル誘導体以外にも様々な成分が配合されていてその数はなんと59種類!さすがにそれだけ入っていると、逆に副作用になる可能性はないの?という点が気になりました。1mlの値段はフィンジアやボストンスカルプエッセンスなど高級育毛剤と比べると安いとはいえ、高価な育毛剤であることに変わりはなく、これで副作用になってしまえば、元も子もありません。。

「ナノインパクトグランクリュ 副作用」と調べてみてもレビューが出てこないので、ナノインパクトグランクリュに配合されている59種類の配合成分を1つ1つ確認し、それぞれの効果と共に、副作用のリスクがあるのかについても確認してみました。1つ1つの副作用リスクと共に、それぞれの育毛効果についても大別して確認してみます!

ナノインパクトグランクリュはなぜ今更2剤混合型なのか?

ナノインパクトグランクリュはパンフレットを見る限り1回購入で4瓶(正確には配合用の瓶も付いてくるので5瓶)届く様です。目新しい2剤混合型の育毛剤なんですね。私は斬新だな〜と思いましたが、育毛剤歴が5年ほどの友人に聞いてみると「2,3年前に流行ったタイプだな」とのことでした(お前は誰だw)。

私的には、2週間に1回液を注入する作業は楽しそうだなと思ったのですが、経験者(前出の友人)によると「毎日塗布するものだし、急いでいる時に玉切れになると超面倒」とのことでした。実際に、1回の塗布量も定まっていないですし、この1回ギリギリ塗布できるかできないかくらいの量しか残っていない場合は、トントンしてヘアマッサージして、ベタベタな手で液を移し替えて更にトントンして…という行動を考えると確かに面倒かもと思いました。。

では、何故わざわざ2剤混合型になったのか??考えてもわからなかったのでパンフレットに記載されている、電話番号に購入(前提)者として、電話をしてみることにしました。 すると、つけるギリギリにナノカプセルと育毛ローションを混ぜ合わせることで、ナノカプセルが溶け始める時間が遅くなり、浸透力が向上するためとのことでした。 カプセルの溶解??と言われると言葉が難しくてよく理解できなかったですが、とにかく、浸透力向上のための2剤混合ということですね!(強引)

更に、裏技として冷蔵庫に保管しておくと、PLGAカプセルの溶解速度が遅くなり、更に浸透力は向上するとのことでした。 こちら詳細は、こちらのページにまとめておきますね!

ナノインパクトグランクリュを実際に試して感じた効果

ナノインパクトグランクリュのインビテーションを見て、自分が購入に際し気になった懸念点はだいたい潰すことができました。

1mlあたりの量で考えると値段も安いし、副作用のリスクもないし、なによりナノインパクトの育毛効果と掛け合わすことのできる強力な成分を配合することで、発毛効果も育毛効果も期待できるはず!と最初に感じた自分の気持ちの高ぶりを信じ購入してみることにし、同梱物に記載のあった電話番号に電話をし、購入をしてみることにしました。

ナノインパクトグランクリュの同梱物一覧

待つこと10日間。宅急便でナノインパクトグランクリュが到着。(ナノインパクト100に入っていた同梱物を見てから商品が到着するまで1週間程だったのですが、色々調べて購入したので、非常に時間がかかったイメージがありました。)届いた内容はこんな感じでした。

商品が入っているダンボールの大きさは従来のナノインパクト100通りなので、「大きいダンボールできたらどうしよう。。」という懸念点はクリアです。中身を見てみると、明らかにいい紙のナノインパクトグランクリュの紹介冊子、ナノタイムズというナノインパクト育毛ロジックの根幹にあるPLGAカプセルについての詳細を記載しているチラシ、ナノインパクト100購入にもはいってある挨拶文とお買い物ガイド、シャンプーの告知と、ローションあわせて5瓶入ったナノインパクトグランクリュがはいってあるダンボールが入っていました。

ナノインパクトグランクリュがはいったダンボールは硬くて少しざらついた質感です。オールブラックで統一されたダンボールを開けるとナノインパクトグランクリュが登場しました。ナノインパクト100がそうであったように白基調の育毛剤が多い中で、ナノインパクトグランクリュはオールブラックです。光沢もあって、非常に高級感があるな?というのが最初にナノインパクトグランクリュを見た感想です。

ナノインパクトグランクリュを使用してみた感想

では、早速その日の夜に試してみてみることに。まずは2剤を混合するところから始めます。2剤混合に慣れていなかったので、軽い感じでローションをいれようとすると、数的ぼとぼととこぼしてしまいました。入れる際は、しっかり集中して、ローションノズルをパウダー瓶にしっかり差し込んでから入れたほうがいいです。パウダーとローションがしっかり混ざる様に、◎の3つ目までローションを注いだら、数回振ってなじませてみます。使用直前にも10回以上ふってから使用することを推奨されているので、これはしっかり守りましょう。

ローションをしっかり振って混ぜてから、いよいよナノインパクトグランクリュを塗布します。塗布後は、同梱物にもある様にツメをたてず指の腹で頭皮を動かす様にマッサージをします。すると、1分ほどでカーッと塗布した部分が熱くなってきました。ナノインパクト100も清涼感は強い方ですが、ナノインパクトグランクリュはそれ以上に清涼感が強いと思いました。

さらに数分経過時点ではさらにカーっとMAXに頭皮が熱い状態になりました。頭皮はジンジン熱くなりもう少しで痛かゆくなる一歩手前という感じが10分間続きました。

あとは、清涼感が長いなというのも感じましたね。19時9分ちょうどに塗布したのですが、1分後にMAXに頭皮が熱い状態になってから、10分間MAXの状態が続き、その後、徐々にパワーは弱まりましたが清涼感はまだまだ続き、清涼感が完全になくなったなと感じたのは、塗布後22分後でした。結構長くないかな?というのが私が感じが感想です。

液体自体は、黄色がかった液体で濁っている感じの液体です。塗布後にマッサージをするので、液体が手につくのですが、ベタつきは手に残る感じがします。ただ、少し不思議な現象なのですが、べたついたまま普通にパソコン仕事を10分ほどすると、ほとんどベタつきを感じない様になりました。ただ、潔癖性な方とかはやはりベタつきは気になると思うので塗布後外出される際は手を洗った方がいいと思います。

これは私の髪の毛が短いからかもしれませんが、生え際に塗布するとツーっと液だれがしてもう少しで目に入ってしまうところでした。生え際に塗布する際には上を向いて塗布した方がいいと思います。

ナノインパクトグランクリュのサイトはこちら